社会保険料

社会保険

【定年後の健康保険】任意継続と国民健康保険はどっちが良い?

定年退職後の健康保険は任意継続と国民健康保険のどちらを選べばよいでしょうか? 家族構成や年収に応じて変わる保険料を試算しましたのでご紹介します。健康保険を選ぶ参考になれば幸いです。
2021.11.24
年金

【老後の生活費】年金の手取り額っていくらぐらい?

年金受給者の手取り額を試算しましたので、ご紹介します。早見表にまとめましたので、想定される年金額に近いものを参考に見ていただければと思います。
2021.11.05
家計簿

【会社員の給与】手取り額っていくらぐらい?

共働きの会社員について、給与の手取り額を試算しました。早見表にまとめましたので、想定される年収に近いものを参考に見ていただければと思います。
2021.11.03
スポンサーリンク
年金

【国民年金】老齢基礎年金は就職年齢によっては満額もらえない!?

大卒(22歳)で就職して60歳で定年退職すると、老齢基礎年金を満額受け取れません。知っていましたか?この記事ではそのしくみと年金額を増額するための方策をご紹介します。
2021.10.13
税金・節税

【節税】子供の年金保険料で年4万円節税できる!?

20歳以上の子供が学生の場合に、子供の国民年金の保険料を親が立て替えて支払うと、親の所得税・住民税の節税になります。所得税率が10%の場合で年約4万円、大学の2年間で約8万円節税できます。 学生納付特例制度を利用して就職後に追納することもできますが、新社会人にとって軽い支払とは言えません。子供の将来の年金受取額が減額されるのを防ぐためにも、親が立て替えるのがメリットが大きいです。
2021.10.09
税金・節税

【かんたん図解】わかる! 所得税の計算のしかた [会社員編]

所得税のしくみと計算のしかた(会社員の場合)について、図を使って分かりやすく説明します。改めて年間の所得税を計算してみると、こんなに多く払っているのかと驚きます。会社員の方も一度確定申告をすると所得税についてより理解が深まり、節税に対する意識が高まりますよ。
2021.10.09
年金

【老後の生活費】国民年金の付加保険料は前納がお得!

国民年金の付加保険料は前納できます。前納すると最大16,230円の割引き(口座振替で2年前納の場合)になるのでおすすめです!! 注意点としては、前納には納付期限や申し込み期限があり、期限は支払い方法によって異なることです。
2021.10.09
年金

【老後の生活費】定年後に国民年金への加入は必要?

60歳定年後、扶養配偶者(60歳未満)は国民年金第1号被保険者となり、保険料の支払いが必要です。また、本人も受給資格取得や受給額増額のために第1号被保険者として国民年金に任意加入することもできます。このとき付加年金や保険料の前納制度を利用するとお得です。
2021.10.09
税金・節税

【老後の生活費】配当控除で節税できる金額を試算した | 配当控除のススメ

配当控除で具体的にいくらぐらい節税できるのか?年金300万+配当50万円のモデルケースにおける試算をご紹介!
2021.10.02
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました