ファミリー世帯

教育資金

【ジュニアNISA】2022年に始めたらいくら貯まる? | 運用成績[2022年1月]含み益は88万円に減額

ジュニアNISAの制度廃止まであと2年。今から始めたらいくら貯まるか試算した結果を紹介します。みつぞうの運用成績(2018年1月からの49か月間)は評価損益が888,877円(+36.47%)でした。
2022.03.27
教育資金

【ジュニアNISA】まだ間に合う?制度廃止まであと2年 | 運用成績[2021年10月]は100万円超‼

ジュニアNISAの制度廃止まであと2年。今から始めるメリットやデメリットを紹介します。みつぞうの運用成績(2018年1月からの45か月間)は評価損益が1,004,816円(+45.11%)でした。
2022.03.27
資産運用

【教育費】教育資金の準備プランの立てかた

子供が高校に入学する前に教育資金が1000万円必要だとしたら、どうやって準備しますか? この記事では教育資金の準備プランの立て方を説明します。子供が生まれてから大学卒業まで22年間。親として大学までは行かせてやりたいもの。子供が生まれたらすぐに教育資金の準備プランを立てて確実に準備していきましょう。
2021.12.22
スポンサーリンク
資産運用

【教育資金】学校教育費はいくら準備すればよい?

こどもの教育資金は進学のコースや最終学歴、自宅通学か一人暮らしかによって必要な金額が大きく異なります。この記事では代表的なケースにおけるおおよその目安を紹介します。
2021.12.25
資産運用

【成績比較】学資保険 vs ジュニアNISA | 2021年6月時点の含み益は81万円に!!

2018年1月からの42か月間における、ジュニアNISAの運用成績は評価損益が813,680円(+34.37%)でした。 年利5%で投資金額を合わせた試算を学資保険と比較すると151万円上回ります。
2022.03.27
税金・節税

【高配当株】損してませんか?専業主婦なら配当金の税金を取り戻せる!! | 確定申告のススメ

専業主婦の配当収入が45万円以内なら、所得税と住民税は非課税になるので、源泉徴収された税金は確定申告ですべて取り返せます。
2022.03.27
年金

【老後の生活費】定年後に国民年金への加入は必要?

60歳定年後、扶養配偶者(60歳未満)は国民年金第1号被保険者となり、保険料の支払いが必要です。また、本人も受給資格取得や受給額増額のために第1号被保険者として国民年金に任意加入することもできます。このとき付加年金や保険料の前納制度を利用するとお得です。
2021.10.09
投資信託

【運用成績】専業主婦がiDeCoで資産運用。2年半の成績公開[2020年11月] | 含み益は5万円に!

iDeCo(iDeCo)って何? iDeCo (イデコ) の概要をわかりやすく紹介します。専業主婦がiDeCoに投資した約2年半の運用成績(2020年11月時点)は、5万円の含み益に!! 老後資産の形成に役立ちます。
2022.05.08
社会保険

【遺族年金】自分にもしものことがあったら、家計収入はどうなる?家族の生活は?

世帯収入の大半を稼ぐ自分の死後、家計収入はどうなるか?遺族年金はどのくらいもらえるかを解説。
2022.02.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました